for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インタビュー:中国の銅需要は夏過ぎに回復へ=JX日鉱日石金属社長

[東京 3日 ロイター] JXホールディングス5020.Tの非鉄金属子会社、JX日鉱日石金属の足立吉正新社長は3日、世界の銅需要の4割を占める中国の需要について、金融・財政政策の効果により夏過ぎから回復に向かい、2012年年間では前年比5─6%の伸びを見込むと語った。

8月3日、JX日鉱日石金属の足立新社長は、世界の銅需要の4割を占める中国の需要について、金融・財政政策の効果により夏過ぎから回復に向かい、2012年年間では前年比5─6%の伸びを見込むと語った。写真は昨年10月、上海で撮影(2012年 ロイター/Carlos Barria)

同社長はロイターとのインタビューで「鉄や化学などは生産が過剰傾向だが、銅は需要の伸びが大きく生産が追い付いていない。中国の住宅市場が回復すれば銅の需要も回復する」と述べ、JX金属の銅製錬子会社の下期生産量は上期計画(27万8000トン)と横ばいになるとの見通しを示した。

世界の年間銅需要は約2000万トンで、このうち約800万トンを中国市場が占める。中国の景気減速などを背景に銅相場は軟化しており、ロンドン金属取引所(LME)の銅価格は3日現在7350ドル前後と、2月につけた今年の高値(8765ドル)を16%下回っている。

6月27日付で現職に就任した足立社長によると、欧州財政問題による輸出減などで中国の銅の在庫は一時積み上がったが、足元では改善している。上海取引所の在庫は4─5月時点で20万トンを超えていたが、今は20万トンを切り、60万トンを超えていた上海保税倉庫の在庫も50万トンまで減少した。中国国内の輸入地金スポット価格のプレミアム(LME銅価格に対する割増金)も一時1トン当たり50─60ドルまで落ちたが、在庫圧縮などに伴い、足元では70─80ドルまで回復したという。

同社長は「中国政府による金融政策や景気刺激策の拡大により、銅の需要は夏過ぎ頃から回復する」とみており、今年の中国の銅需要の伸び率は前年の7%にこそ届かないものの、5─6%になると予想する。銅価格については「年後半は7500─8000ドルという人が多いが、わからない」とし、具体的な言及は控えた。

国内については、銅需要の6割を占める電線向けは、自動車向けが好調なものの、主力の建設向けは前年並み、電力・輸出向けは大幅減になっていると指摘した。残りの4割を占める伸銅向けは、自動車を除き、軒並み減少しており、今年の内需は100万トンを下回ることも懸念されると語った。来年以降に復興需要が顕在化すれば、100万トン台を回復する見込みだが、需要家の海外移転や現地調達化の流れが継続しているため、復興需要一巡後は100万トンを下回る水準で推移するとの見通しを示した。同社としては、国内需要の減少分は中国を中心とする輸出を増やすことで対応する。

<年間1000億円以上の経常利益>

JX金属と三井金属5706.Tが共同出資する銅製錬大手パンパシフィック・カッパー(PPC)は、年間単位で長期輸出契約の交渉を行う。足立社長によると、国内製錬会社と海外鉱山会社による来年の銅買鉱条件は、今年年央のTC/RC(溶錬費/精錬費)の業界平均であるTCトン63.5ドル/RCポンド6.35セントと「大きく変わらない見通し」。ただ、14年以降はPPCのカセロネス銅鉱山を含め、世界各地で開発中の銅鉱山が本格的に立ち上がるため、銅鉱石生産量が膨らみ、TC/RCは上昇するとみている。

PPCがチリで開発中のカセロネス鉱山も14年に本格稼働に入り、年間300─500億円の経常利益の上乗せが期待できるという。「チリの既存の鉱山投資からも300億円程度の利益貢献が見込まれ、利益率が高い資源分野で約800億円を稼ぐ構造になる」。

JX金属の12年3月期経常利益は600億円で13年3月期は510億円を予想しているが、銅製錬事業の収益改善などにも取り組むことで「2014年以降は常時1000億円規模の利益を狙える会社になる」という。

今後も資源分野で継続的に投資を行う方針で、カセロネスが軌道に乗る2015年頃には新たな鉱山開発投資も検討する考え。事業化の判断を一時凍結しているペルーのケチュア銅鉱山だけでなく「他にも有望な案件があれば検討する」。足立社長は、資源以外でも、将来的にはリチウムイオン電池の正極材工場を米国にも建設する可能性があると語った。

(ロイターニュース 大林優香 井上裕子;編集 吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up