for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年の中南米経済成長率は3.7─3.8%の見通し=世銀幹部

8月15日、世界銀行の中南米担当幹部ハッサン・トュルイ氏(写真)は、今年の中南米・カリブ地域の経済成長率が3.7─3.8%で、昨年の4.3%を下回るとの見通しを示した。ボリビアのティワナクで撮影(2012年 ロイター/David Mercado)

[ティワナク(ボリビア) 15日 ロイター] 世界銀行の中南米担当幹部は、今年の中南米・カリブ地域の経済成長率が3.7─3.8%で、昨年の4.3%を下回るとの見通しを示した。

世銀は6月、同地域の経済成長率について、今年は3.5%、来年は4.1%、2014年は4.0%との予想を示した。

同幹部は、当地で記者団に「ボリビアについては、2012年の成長率が5%付近になると予想している。中南米全域の平均は、3.7─3.8%とみている」と述べた。

中南米諸国の経済は、欧州債務危機の重圧に加え、主要なコモディティ輸出先である中国の需要鈍化に直面している。

ボリビア政府は、今年の成長率を5.5%と予想している。昨年は、5.17%。

一方、当地で発言した別の世銀幹部によると、中南米最大規模で特に成長鈍化が顕著なブラジルとアルゼンチンの今年の成長率は、それぞれ2%と2.2%程度とみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up