for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スト中の南ア鉱山労働者に警官が発砲、十数人が死亡

8月16日、南アフリカのマリカナ・プラチナ鉱山で、なたやこん棒などで武装したストライキ中の労働者に対し、警官が発砲し少なくとも十数人が死亡した。ルステンブルクで撮影(2012年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[マリカナ(南アフリカ) 16日 ロイター] 南アフリカのマリカナ・プラチナ鉱山で16日、なたやこん棒などで武装したストライキ中の労働者に対し、警官が発砲し少なくとも十数人が死亡した。

今回の事件を受け、ズマ大統領は声明で「ショックで動揺を隠せない」とし、「捜査当局に事態収束に向けて全力を尽くすよう指示した。事件の首謀者に責任を取らせる」と述べた。

警察当局は正確な死者数についての発表を避け、「自衛のため武器を使用した」と説明。ストには約3000人が参加しており、警察は排除に乗り出していた。

ロイターテレビが撮影に成功した今回の事件では、車両の陰から現れ警官隊に向かって走ってきた集団に対し、警官が一斉射撃した。1994年のアパルトヘイト(人種隔離政策)廃絶後、警官の取り締まりによる事件としては、最大の死者が出たとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up