for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IEに新たなバグ、専門家は他のブラウザーの一時利用を推奨

9月17日、米マイクロソフトは、同社のウェブブラウザー「インターネットエクスプローラー(IE)」に新たなバグが見つかったとし、無料のセキュリティーソフトをインストールするようユーザーに呼びかけた。サンフランシスコで2010年9月撮影(2012年 ロイター/Robert Galbraith)

[ボストン 17日 ロイター] 米マイクロソフトMSFT.Oは17日、同社のウェブブラウザー「インターネットエクスプローラー(IE)」に新たなバグ(不具合)が見つかったとし、無料のセキュリティーソフトをインストールするようユーザーに呼びかけた。

IEは世界中で数億人が利用しているが、マイクロソフトによると、今回見つかったバグが悪用されれば、悪意のあるウェブサイトを訪れたパソコンが感染させられる恐れがあると説明。パソコンを支配されてしまうこともあり得るという。同社は不具合を解決した新たなバージョンをリリースするまでの当面の対策として、無料ソフトのインストールをユーザーに推奨している。

マイクロソフトは新バージョンのリリース時期を明らかにしていないが、複数のセキュリティー専門家は向こう1週間以内との見方を示している。

無料ソフトはマイクロソフトのサイトからダウンロードできるが、手動で設定する必要がある。また同社は、セキュリティー設定を調整することを勧めているが、そうすることにより、コンピューターの使いやすさに影響が出る可能性もあると警告している。

専門家の間では、こうした措置がユーザーにとって面倒であるだけでなく、セキュリティーソフトの効果を疑問視する声も聞かれ、米グーグルGOOG.Oの「クローム」やモジラの「ファイアフォックス」など競合他社のブラウザーを一時的に使用することを勧めている。

調査会社スタットカウンターによれば、8月のウェブブラウザー市場でIEのシェアは約33%と、クローム(34%)に次ぐ2位となっている。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up