for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ディズニーが「スター・ウォーズ」製作会社買収、15年までに新作

10月30日、ウォルト・ディズニーは、米映画制作会社ルーカスフィルムと人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の販売権を40億5000万ドルで買収すると発表した。写真は書面にサインするジョージ・ルーカス氏(右)とウォルト・ディズニーのボブ・アイガーCEO。ディズニー提供(2012年 ロイター)

[ロサンゼルス 30日 ロイター] 米メディア・娯楽大手のウォルト・ディズニーDIS.Nは30日、米映画制作会社ルーカスフィルムと人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の販売権を40億5000万ドルで買収すると発表した。

今回の買収にはスター・ウォーズの新シリーズに関する権利も含まれ、ディズニーは2015年に新たな作品を発表し、その後は2─3年ごとに新作を公開するとしている。

映画監督のジョージ・ルーカス氏は引き続きクリエーティブコンサルタントとして関わる。同氏はディズニーの株式2.2%を保有する第2位の個人株主となる。

ルーカスフィルムの買収でディズニーは半分を現金で支払い、約4000万株を発行する。

ラスーロ最高財務責任者(CFO)は新株発行により2013年度と14年度の1株利益が数パーセントポイント低下するとの見通しを示した。ただ発行した株式は追加の自社株買いで2年以内に買い戻すとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up