for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ウィンドウズ8」、ライセンス販売が発売1カ月で4000万件に

11月27日、米マイクロソフトによると、10月26日に発売した「ウィンドウズ8」のライセンス販売件数が、発売後1カ月で4000万件に達した。香港で10月撮影(2012年 ロイター/Bobby Yip)

[シアトル 27日 ロイター] 米マイクロソフトMSFT.Oによると、10月26日に発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」のライセンス販売件数が、発売後1カ月で4000万件に達した。

「ウィンドウズ」部門の財務およびマーケティング責任者を務めるタミ・レラー氏が27日、クレディ・スイス主催の投資家説明会で明らかにした。レラー氏は「ウィンドウズ」部門のプレジデントを務めていたスティーブン・シノフスキー氏が2週間前に突然退社したことを受け、「ウィンドウズ」部門の共同トップの1人に指名されていた。

同氏によると、「ウィンドウズ8」の販売ペースは、発売後同じ時期における「ウィンドウズ7」の販売を上回っている。

「ウィンドウズ8」のライセンスが4000万件販売されたということは、「ウィンドウズ8」が4000万人に達したことを意味するわけではない。ライセンスの販売先は大半がパソコンメーカーで、メーカーが販売するパソコンのうち「ウィンドウズ8」が搭載されているのは、まだわずかにとどまっている。

ハイテク関連調査会社スタットカウンターによると、世界のパソコン約15億台のうち「ウィンドウズ8」が搭載されているのは約1%で、1500万台程度とみられている。

「ウィンドウズ8」と同時に発売されたタブレット端末「サーフェス」については、販売台数が明らかにされていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up