for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アップルのクックCEOが訪中、1年足らずで2度目

1月9日、米アップルのクックCEOが中国を訪れ、中国のパートナー企業や政府関係者と面会している事が明らかに。昨年10月撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[上海 9日 ロイター] 米アップルAAPL.Oのティム・クック最高経営責任者(CEO)が中国を訪れ、中国のパートナー企業や政府関係者と面会している。CEOの訪中は1年足らずで2度目となる。アップルの広報担当者(中国駐在)が9日、明らかにした。

アップルにとって中国は最も成長している市場で、市場規模は米国に次ぐ規模となっており、年間収入に占める中国の割合は約15%。昨年は多数の小売り店舗をオープンした。先月には、新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」を3日間だけで200万台以上販売した。

ただ、アナリストらは、中国市場での将来は、中国最大手の通信キャリアである中国移動(チャイナ・モバイル)0941.HKを含めたパートナー企業の拡大にかかっているのではないかとの見方を示す。

アップルの広報担当者は、クックCEOが中国移動の幹部と接触するかについてはコメントを避けた。

中国の工業情報省ウェブサイトに掲載された発表文によると、クックCEOは8日、苗・工業情報相と会談し、スマートフォン産業の発展やイノベーションのトレンドについて意見交換した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up