for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:B787型機トラブル、リチウムイオン電池安全性への議論高まる

[デトロイト/ニューヨーク 9日 ロイター] 米ボーイングBA.N787型旅客機ドリームライナーのバッテリーから出火した問題を受けて、リチウムイオン電池の安全性をめぐる議論が高まっている。

1月9日、米ボーイング787型旅客機ドリームライナーのバッテリーから出火した問題を受けて、リチウムイオン電池の安全性をめぐる議論が高まっている。写真はボーイング787型機。ウィーンの空港で先月撮影(2013年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

米ボストン・ローガン国際空港で7日朝方、駐機していた日本航空9201.Tのボーイング787型機で、バッテリー火災が発生。装置格納部が大きく損傷した。787型機は飛行中であれば、火災が発生しても煙がキャビン内に入り込まない設計となっているが、今回の火災が発生したのは駐機中だったことから、煙がキャビン内に入り込んだという。

新たなバッテリー技術は、787型機の低コスト戦略を支えている中核部分だ。ボーイングによると、787型機は、従来型の技術を使っているライバル社製の航空機と比べて、燃費性能が20%も優れている。

787型機では、伝統的な油圧機器よりも、電気システムが多用されている。これにより軽量化が実現したが、複雑さは増した、とされる。

ボーイングのチーフエンジニア、マイク・シネット氏は9日、電話会見で、リチウムイオン電池は過充電になると発火する恐れがあり、発火すると、化学物質が酸素を発生させるため、消火は困難だ、と述べた。

同氏は、787型機では、過充電を防止し、バッテリー火災を阻止するようシステム設計がされている、と指摘。万が一火災が発生した際でも、キャビンに到達する前に煙を排出できるようになっているという。

同氏は、リチウムイオン電池は唯一の選択肢ではない、とする一方で「正しい選択」であり「今でも同じ選択をするだろう」と話している。

同氏は、日本航空機の火災については詳細には触れず、バッテリーに欠陥があったのかどうかについては、分かっていないと述べた。発火したのはジーエス・ユアサ コーポレーション6674.T製。ボーイングは、異なるバッテリー技術を使うことは検討していない、としている。

発火したバッテリーは、機体が地上にある際に電気を供給する補助動力装置(APU)の一部。これまで、実験施設と実地の両方で精密なテストを実施済み、という、同氏は「われわれはこうしたバッテリーを130万時間も使用しているが、問題は起きていなかった」と述べた。

<リチウムイオン電池は自動車業界でも注目>

リチウムイオン電池はラップトップなどの電子機器にも使われており、自動車メーカーやその他のユーザーも同様の課題に直面している。

ボーイング777型機のバッテリーシステムに関わった経験を持つコンサルタントのメナヘム・アンダーマン氏は「新技術にどの程度の安全対策が必要なのか見極めるのは常に困難」と指摘。「自動車メーカーが頭を悩ませている問題の1つは、ある電池が発火した場合、火が他の電池に広がらないようにする設計が必要かどうかという点だ」と述べた。

自動車産業全体をみると、トヨタ自動車7203.Tの「プリウス」に搭載されているような、コストは安いがより重量のあるニッケル水素電池ではなく、リチウムイオン電池を使用する流れになっているもようだ。

米ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nは、プラグインハイブリッド車「シボレー・ボルト」にリチウムイオン電池を搭載。米フォード・モーターF.Nもハイブリッド車「C─Max」などで利用している。

自動車メーカーがリチウムイオン電池を好むのは、航空機メーカーとまったく同じ理由。つまり、軽量化、小型化が可能という点だ。リチウムイオン電池は一般に、ニッケル水素電池の半分程度の重量しかない。

「ボルト」に搭載されたリチウムイオン電池は2011年、米規制当局が衝突実験を実施した3週間後に発火。しかし米高速道路安全局(NHTSA)は2カ月間の調査の末、「ボルト」などの電気自動車はガソリン車と比べて発火のリスクが高いとは言えない、との結論に達した。

バッテリーの専門家であるトム・ゲージ氏は「電気自動車はまだ目新しいこともあって、発火事故があればガソリン車よりも注目される」と指摘。重要なのは、ガソリン車と同程度に安全かというであり、これが目指すべき目標だ」述べた。そのうえで、ガソリン車と比べた電気自動車の安全性を判断するには、まだ十分なデータがない、と話している。

(Deepa Seetharaman記者、Alwyn Scott記者;翻訳 吉川彩;編集 吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up