for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TPP交渉参加、全関税撤廃で約束求めず=日米共同声明

2月22日、日米両国は首脳会談後、環太平洋連携協定(TPP)に関する共同声明を発表した。ホワイトハウスで撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)

[ワシントン 22日 ロイター] 日米両国は22日、首脳会談後、環太平洋連携協定(TPP)に関する共同声明を発表した。

両国は声明で、日本がTPP交渉に参加する場合、「全ての物品が交渉対象となる」ことを確認する一方、日本のコメや米国の自動車など、配慮が必要となる品目があることにも言及。日本のTPP交渉参加への下地を整える内容となった。

声明は「日本にとっては特定の農産物、米国にとっては特定の工業製品といった、両国とも二国間貿易における敏感な問題(センシティビティ)を抱えていることを認識する。最終的な結果は交渉によって決定されることになるが、TPP交渉参加にあたり、一方的にすべての関税撤廃をあらかじめ約束することは要求されないと両政府は確認する」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up