for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

馬肉スキャンダルに続き鶏卵も偽装か、独当局が農家調査

2月25日、ドイツで鶏卵が「有機飼育」と偽って販売された疑惑が浮上し、当局が調査を進めている。写真は25日、ベルリンのオーガニック食品を扱うスーパーマーケットで撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 25日 ロイター] ドイツで鶏卵が「有機飼育」と偽って販売された疑惑が浮上し、当局が調査を進めている。欧州では馬肉混入をめぐるスキャンダルが広がっており、今回の疑惑を受け、食の信頼がさらに揺らぐ事態となっている。

ドイツ北部ニーダーザクセン州当局は、ニワトリを過密状態で飼育しながら、鶏卵を「有機飼育」と不当表示した疑いがあるとして、約150カ所の農家に対する調査を開始。別の2州でも50カ所で調査が行われている。

アイグナー農相は25日、「疑惑が事実となれば、不正行為が大規模で行われていたことになる」との声明を発表した。

有機飼育された鶏卵は、業界基準を満たした環境で飼育された鶏卵より10セント(約9円)ほど高く販売されている。

先月に欧州で牛肉食品の一部に馬肉が混入しているのが見つかった問題は、複数の国で冷凍食品の大規模回収につながるなど、影響が広がっている。スウェーデンの家具大手イケアは、欧州内の店舗レストランでのミートボール販売をほぼ全面的に中止した。チェコで実施した検査で25日、馬肉の混入が見つかったのを受けた措置。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up