for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キプロス大統領とEU、支援策の大枠案で合意=関係筋

3月25日、EU関係筋によると、キプロスのアナスタシアディス大統領とEUは、キプロス支援策の大枠案で合意した。写真はニコシアで2月撮影(2013年 ロイター/Yorgos Karahalis)

[ブリュッセル 25日 ロイター] 欧州連合(EU)関係筋によると、キプロスのアナスタシアディス大統領と欧州連合(EU)は、キプロス支援策の大枠案で合意した。

大枠案には「グッドバンク」と「バッドバンク」の創設や、国内2位の銀行を閉鎖することが盛り込まれている。

大枠案は、アナスタシアディス大統領、EUのファンロンパイ大統領、欧州委員会のバローゾ委員長が合意。この後、ユーロ圏財務相会合に提出される。

キプロス・ポピュラー銀行の小口預金(10万ユーロ未満)をバンク・オブ・キプロスに移管し、「グッドバンク」を創設する。

預金保険対象外の大口預金(10万ユーロ超)には多額の課税が適用される。キプロス・ポピュラー銀行はその後、事実上閉鎖される。具体的な税率は不明。

バンク・オブ・キプロスは、キプロス・ポピュラー銀行が欧州中央銀行(ECB)から受けた緊急融資90億ユーロを全額引き継ぐ。

これにより、バンク・オブ・キプロスへの緊急流動性支援(ELA)は総額100億ユーロとなる。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up