for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NECがNECモバイリング売却交渉、豊田通商系など買い手候補に

3月26日、NECが携帯電話の販売代理店、NECモバイリングの売却作業に入ったことが明らかになった。写真は昨年10月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 26日 ロイター] NEC6701.Tが携帯電話の販売代理店を手掛ける子会社、NECモバイリング9430.Tの売却作業に入ったことが明らかになった。複数の関係筋が26日、ロイターに述べた。関係筋によると、NECは月内にも売却先の最終的な絞り込みを行う予定で、金額は700億─800億円となる見通し。

NECは収益改善のため事業の選択と集中を進めているほか、重要度の低い保有資産を売却して財務基盤の強化を図っており、今回の売却もその戦略の一環。また、日本国内における携帯電話販売代理店の再編加速を映し出しているとも言えそうだ。

NECはNECモバイリングの発行済み株式の51%を保有する親会社。関係筋によると、NECは売却先の最終選定に入っており、早ければ月内にも売却先を絞り込む予定。現時点で候補に名乗りを上げているのは、豊田通商8015.Tとデンソー6902.Tが共同出資するTDモバイル(東京都港区)と、丸紅8002.Tの100%子会社、丸紅テレコム(東京都港区)とみられる。買い手候補は、上場しているNECモバイリングの株式を公開買い付け(TOB)する必要がある。

NECは2011年、パソコン事業を中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団)0992.HKとの合弁会社に移管するなど事業を再構築している。一方で、ITサービス、キャリアネットワーク、エネルギーなどを重点事業と位置づけ、集中投資する方針を打ち出している。

前期は携帯電話端末事業の不振が響いて連結最終損失が1102億円と2年連続の赤字を計上し、グループで1万人の削減に踏み切った。13年3月期の当期損益は200億円の黒字を予想するが、前期に計上したリストラ関連費用により財務体質はぜい弱で、保有資産の売却を急いでいる。昨年には、保有するレノボの株式をすべて売却したほか、民生用テレビなどに使われる液晶技術の特許をEMS(電子機器の受託製造)世界最大手、台湾・鴻海精密工業2317.TWに売却した。

(ロイターニュース 江本恵美、斉藤真理、白木真紀;編集 山川薫)

*情報を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up