for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベネズエラ暴動で7人死亡、暫定大統領「野党派のクーデター」

4月16日、ベネズエラ政府によると、首都カラカスなどで大統領選で敗れた野党候補カプリレス氏の支持者らによる暴動が起き、与党候補マドゥロ暫定大統領の支持者7人が死亡した。写真は票の再集計を求めるカプリレス氏支持者によるデモ(2013年 ロイター)

[カラカス 16日 ロイター] ベネズエラ政府によると、首都カラカスなどで16日、14日の大統領選で敗れた野党候補カプリレス氏の支持者らによる暴動が起き、与党候補マドゥロ暫定大統領の支持者7人が死亡した。

当局によると、野党支持者らはカラカスや内陸部の都市で、道路を封鎖するなどして治安部隊と衝突。首都にある中間層が住む地域では、マドゥロ氏の勝利を祝う人たちが銃撃され、2人が死亡。政府が運営する病院にも襲撃があり、1人が死亡した。負傷者も60人以上に上り、事件に関連して170人が逮捕された。

マドゥロ氏は国民向けの声明で、「この事件は、暴力に訴え憲法や制度を無視する者たちの責任だ。彼らの計画はクーデターだ」と非難した。

一方、野党側は陣営支持者の襲撃で死者が出たとの主張にはコメントしていないが、カプリレス氏はこれまで平和的なデモを呼び掛けており、暴動は政府が大統領選の票の再集計を拒否していることが原因だとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up