for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領宛てリシン入り封書、ミシシッピ州の男を逮捕=FBI

4月17日、オバマ米大統領宛ての封書から猛毒物質リシンが検出された事件で、米当局は事件にかかわっていた疑いでミシシッピ州出身の容疑者を逮捕した。写真はホワイトハウス。2011年5月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ワシントン 17日 ロイター] 米連邦捜査局(FBI)は17日、オバマ大統領や上院議員宛ての封書から猛毒物質リシンが検出された事件で、ミシシッピ州の男を逮捕したと発表した。

FBIによると、男は同州コリンスのポール・ケビン・カーティス容疑者。予備検査でリシンとの結果が出た物質を含む封書を郵送したと考えられている。

FBIは声明で、オバマ大統領宛ての封書には粒状の物質が含まれており、「暫定検査でリシンに対する陽性反応が確認された」とした。

ただFBIは、15日に発生した米マサチューセッツ・ボストンの爆破事件と関連を示す事実は見つかっていないとしていた。

大統領警護隊(シークレットサービス)によると、問題の封書は16日、ホワイトハウスから離れた郵便物検査施設に配達された。

16日には、共和党のロジャー・ウィッカー上院議員(ミシシッピ州)宛てに送付された封書からも猛毒のリシンとみられる物質が検出されていた。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up