for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アップル1─3月期は10年ぶり減益も予想上回る、株主還元拡大へ

4月23日、米アップルが発表した第2・四半期(1─3月)決算は、1株利益が10.09ドルと、市場予想の10.07ドルを上回った。昨年3月撮影(2013年 ロイター/Aly Song)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] 米アップルAAPL.Oが23日発表した第2・四半期(1─3月)決算は、売上高が前年比11%増加し、市場予想を上回ったが、利益は10年ぶりに減少した。同社はまた、自社株買いの拡大や配当金支払いなどで、2015年末までに株主に1000億ドルを還元する方針を明らかにした。

同社株は時間外取引で一時6%上昇した。

1─3月期の売上高は436億ドルで、市場予想の423億ドルを上回った。iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)の売り上げが市場予想を超えた。

一方、利益は95億ドル(1株当たり10.09ドル)と前年同期の116億ドル(同12.30ドル)を下回り、10年ぶりの減益となった。市場予想は10.00ドル。

1─3月期の営業利益率は37.5%。市場予想は38.5%だった。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、投資家向け電話会議で、アップルの成長率は鈍化していると認めたものの、同社のポジションは引き続き強固である、と強調した。

配当金支払いでアップルは今後1年間に115億ドルを株主に還元する。アップル株主は1株当たり12.20ドルの年間配当を受け取る。

さらに、債券を発行する方針も明らかにしたが、詳細は発表していない。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up