for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日米首脳会談見送り、官房長官「形式ばった会談必要ない」

6月17日、菅義偉官房長官は、この日から行われるG8首脳会議の際に安倍晋三首相とオバマ米大統領との会談が見送られる方向となったことについて「あらためて形式ばった会議をやる必要はないと思う」と語った。写真は昨年12月、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 菅義偉官房長官は17日午後の会見で、この日から行われる8カ国(G8)首脳会議の際に安倍晋三首相とオバマ米大統領との会談が見送られる方向となったことについて「日米首脳の信頼感は強く、あらためて形式ばった会議をやる必要はないと思う」と語った。

菅官房長官は「(首相と米大統領は)2月に会談して、先日も約30分間、電話会談した」と指摘。「日米首脳の信頼感というのは、極めて強いものがある」と語った。

さらに「様々なかたちで大統領と首相との間の緊密な連携は行われるだろうと思う」と語った。

安倍首相がポーランドで記者団に対し、秋の臨時国会で憲法改正の前提となる国民投票法改正よりも産業競争力強化法の成立を優先する姿勢を示したことについては「私たちにとって大事なのは経済だ。経済を成長軌道に乗せる。ここが極めて大事なことだと思う」と述べた。

石田仁志

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up