for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エジプト軍が文民統制との決別を表明、大統領への宣誓文を修正

8月28日、エジプトのマンスール暫定大統領は、大統領に忠誠を誓う軍の宣誓を修正する法令を発布した。写真は7月、カイロで撮影(2013年 ロイター/Amr Abdallah Dalsh)

[カイロ 28日 ロイター] - エジプトのマンスール暫定大統領は27日、大統領に忠誠を誓う軍の宣誓を修正する法令を発布した。専門家らは、エジプト軍が文民統制に従わず、独立した機関であると明確に意思表示したものとみている。

法令によると、宣誓文から「共和国の大統領に忠誠を誓う」との文言を削除し、「指導部の命令を遂行」することを誓うと修正された。エジプト軍の報道官はロイターに対し、「変更は前向きなものであり、このように変更されることで、個人ではなく指導部への忠誠を意味する」と説明した。

エジプト専門家であるジョージ・ワシントン大学のネイサン・ブラウン教授は、発令の内容には軍トップであるシシ副大統領兼国防相の影響が大いに見て取れると指摘。今回の決定は、軍が主導し、大統領が形式的に承認したとの見方を示し、「誰が支配しているかは明白だ」と述べた。

またブラウン教授は、エジプト軍が今後、文民の役人や、法律、手続きなどには従わないだろうと指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up