for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大塚HDが米アステックスを8.8億ドルで買収、がん領域を強化

[東京 5日 ロイター] - 大塚ホールディングス4578.Tは5日、米バイオベンチャーのアステックスASTX.O(カリフォルニア州)を約8億8600万ドル(約880億円)で買収すると発表した。がんや中枢神経領域の開発体制を強化する。

1株8.5ドルで公開買い付け(TOB)し、全株取得を目指す。10営業日以内に買い付けを始め、開始後20営業日以内に終了する。

買収は全額手元資金を充当する。買収価格は9月3日の終値に対して27%のプレミアム

大塚HDの主力製品である抗精神病薬エビリファイ(一般名・アリピプラゾール)は、2015年4月に米国で特許切れを迎える。2013年3月期は連結売上高1兆2180億円のうち、エビリファイが4385億円(うち米国は3361億円)を占めており、特許切れ後の対応としての一手が注目されていた。

アステックスは2011年に設立。カリフォルニア州に本社を置き、従業員は137人。12年12月期の売上高は8316万ドル、営業損益は705万ドルの赤字だった。

医薬品業界では先月25日、米バイオテクノロジー大手アムジェンAMGN.Oが米バイオ製薬会社オニキス・ファーマシューティカルズONXX.Oを約104億ドルで買収することで合意した。これは、バイオテクノロジー業界では過去5番目の規模の大型案件だった。

(久保信博 清水律子)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up