for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニーPS4の日本発売は来年2月22日、価格3万9980円

[東京 9日 ロイター] - ソニー6758.Tのゲーム子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は9日、新たに投入する据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の日本での発売が2014年2月22日になると発表した。価格は3万9980円(税込みで4万1979円)。

9月9日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「プレイステーション4」の日本での発売が2014年2月22日になると発表した。写真はアンドリュー・ハウス社長。都内で同日撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

すでにPS4は、北米で11月15日(399ドル)、欧州で同29日(399ユーロ)にそれぞれ発売の予定で、日本での対応が待たれていた。

国内投入が年を越えることについて、SCEのアンドリュー・ハウス社長は記者団に対し「すでに米欧の予約注文が100万台を超えており、(海外での)初期の需要が強い」と指摘。その上で「なるべくきちんと供給できる中で発売したい」として、国内発売を米欧より遅らせた理由を説明した。

PS4専用カメラを同梱したモデルの価格は4万3980円(税込みで4万6179円)。専用カメラ「PSカメラ」は、プレーヤーの動作を感知したり、音声を拾ったりすることで、コントローラーを振った身体を動かしたりすることで直感的な遊びができる。

マイクロソフトMSFT.Oの新型の据え置き型ゲーム機「Xbox One」の日本での発売日や価格はまだ発表されていない。米国・欧州など13カ国では11月22日から発売する。モーションセンサーでコントローラーなしでゲームを操作する「キネクト」付属で、米国では499ドルで発売の予定。

昨年12月から発売開始した任天堂7974.Tの「WiiU」の価格は32ギガバイトモデルが3万円。米国では349.99ドルで販売していたが、20日から299.99ドルに値下げする。

<Vita、薄型・軽量の液晶モデル投入>

またSCEは同日、携帯型ゲーム機「プレイステーションVita」の新モデルを10月10日から発売することも発表。ディスプレーに液晶を採用するとともに、従来より20%薄型化し、同1SCE5%軽量化した。新モデルはWiFi対応のみ、価格は1万8980円(税込みで1万9929円)。当面、日本市場で販売する。海外投入は未定。

有機ELディスプレーを採用したVitaの従来モデル(3G回線対応、価格は税込みで1万9980円)も引き続き販売する。3Gのニーズがある顧客には従来モデル、WiFi専用で使う顧客なら新モデルと販売を使い分けていくという。

またSCEは同日、Vitaのゲームをテレビの画面で楽しめるセットトップボックス型機器「プレイステーションVita TV」を11月14日から発売すると発表。テレビの画面で携帯型ゲームのソフトが遊べるほか、オンライン動画配信の「TSUTAYA TV」「Hulu」などコンテンツサービスが利用できる。価格は9480円(税込で9954円)。まずは日本で発売し、海外市場での投入を検討する。

(ロイターニュース 村井令二)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up