for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

9月ユーロ圏PMI速報値は予想上回る、2年3カ月ぶり高水準

[ロンドン/ベルリン/パリ 23日 ロイター] - マークイットが発表した9月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合が52.1と、前月の51.5から上昇した。2011年6月以来の高水準で、予想の51.9を上回った。新規受注のサブ指数が2年強ぶりの高水準となった。

9月23日、マークイットが発表した9月のユーロ圏購買担当者景気指数速報値は総合が52.1と、前月の51.5から上昇した。ライプチヒの自動車工場で18日撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

PMIは50が景況の改善・悪化の節目。今回の結果から、域内2大国であるドイツとフランスにけん引され、ユーロ圏経済の回復の裾野が広がっていることが示された。

サービス部門PMI速報値は52.1と、8月の50.7から大幅上昇。予想の51.1を上回った。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「実質的な回復の勢いを示している。全てがかなり前向きなようだ」と述べた。

新規受注のサブ指数は51.0から51.6に上昇した。

ウィリアムソン氏によると、総合PMIは今四半期に域内総生産(GDP)が0.2%増加することを示唆。同氏は「ユーロ圏経済に対するリスクは依然として存在しているが、近いうちにリセッション(景気後退)に再び陥る可能性はまったく示されていない」としている。

一方、製造業PMI速報値は51.1。2年2カ月ぶり高水準となった8月の51.4から低下した。ロイターがまとめた予想は51.8だった。

生産のサブ指数は52.1と、53.4から低下した。

ウィリアムソン氏は、これまでに見られた上昇は自動車生産の急増、および良好な天候などの要因によっておそらく増幅されていたとの見方を示した。

原材料価格は過去8カ月で初めて上昇。ただ製造業者の間では一部価格転嫁の動きも見られた。産出価格のサブ指数は50.8と、49.6から上昇した。

9月 前月 予想

<ユーロ圏=マークイット発表>

総合PMI指数   52.1 51.5 51.9

製造業PMI    51.1 51.4 51.8

サービス部門PMI 52.1 50.7 51.1

<ドイツ=マークイット発表>

総合PMI指数   53.8 53.5 --

製造業PMI    51.3 51.8 52.2

サービス部門PMI 54.4 52.8 53.1

<フランス=マークイット/CDAF発表>

総合PMI指数   50.2 48.8 --

製造業PMI    49.5 49.7 50.1

サービス部門PMI 50.7 48.9 49.3

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up