for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の江元国家主席らに逮捕状、チベット虐殺でスペイン裁判所

11月19日、スペインの裁判所が中国の江沢民元国家主席(写真)と李鵬元首相ら5人に対し、チベットでの大量虐殺に関与した容疑で逮捕状を出す決定をした。北京で昨年11月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[マドリード 19日 ロイター] -スペインの裁判所は19日、中国の江沢民元国家主席と李鵬元首相ら5人に対し、チベットでの大量虐殺に関与した容疑で逮捕状を出す決定をした。

スペインの法律では、自国籍を持つ被害者がいる場合、海外で起きた人権侵害でも国内法に基づき裁くことができる。チベットを支援する2団体と、スペイン国籍を持つ僧侶が2006年に告発していた。

裁判所の決定を受けて発行される逮捕状により、仮に江氏らがスペインや同国と協定を結ぶ国を訪問した場合、逮捕される可能性が出てきた。

中国政府の元首脳らが実際にスペインの裁判所で裁かれる可能性は低いものとみられるが、1998年にはチリの独裁者だったピノチェト大統領に対しスペインの判事が発行した逮捕状がロンドンで執行されたケースもある。

先月には、胡錦濤前国家主席がチベットでの大量虐殺に関与したとする訴えを同じ裁判所が受理しており、中国政府が内政干渉だとして非難していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up