for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊上院が14年予算案を信任、反対票投じた元首相の政党は連立離脱

11月26日、イタリア上院は2014年予算案を承認するための信任投票を実施し、賛成171票、反対135票の賛成多数で予算案を信任した。写真はベルルスコーニ元首相。ローマで25日撮影(2013年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ローマ 26日 ロイター] -イタリア上院は2014年予算案を承認するための信任投票を実施し、賛成171票、反対135票の賛成多数で予算案を信任した。

ベルルスコーニ元首相率いる中道右派の「フォルツァ・イタリア」は反対票を投じ、レッタ首相率いる連立政権から正式に離脱した。

ベルルスコーニ氏の中道右派勢力は今月に入り、レッタ政権の支持派が離脱して分裂。この離脱議員が予算案に賛成票を投じた。

ベルルスコーニ氏の政党名は分裂後、フォルツァ・イタリアに変更されている。

フォルツァ・イタリアのブルネッタ下院院内総務は「本日からわれわれは野党の立場になり、大連立は終わった」と述べた。

脱税事件で実刑判決が確定したベルルスコーニ氏については、議員資格はく奪の是非を問う投票が27日行われることになっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up