for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リオ・ティントの13年鉄鉱石生産量は過去最大、前年比5%増

1月16日、英豪系鉱業大手リオ・ティントが発表した2013年の鉄鉱石生産量は前年比5%増加し、過去最大の2億6600万トンとなった。上海の同社支店で2010年3月撮影(2014年 ロイター)

[シドニー 16日 ロイター] -英豪系鉱業大手リオ・ティントRIO.AXRIO.Lが発表した2013年の鉄鉱石生産量は、前年比5%増加し、過去最大の2億6600万トンとなった。

同社のウォルシュ最高経営責任者(CEO)は、昨年第4・四半期生産報告発表の際「鉄鉱石生産と出荷が過去最高記録となった。290の拡大事業を促進したほか、銅についても顕著に回復、ボーキサイトと火力用石炭の年間生産記録更新などを実現した」と述べた。

昨年12月末には、オーストラリアでサイクロン「クリスティーン」が被害をもたらし、同社の港湾2カ所が3日間にわたり閉鎖されたほか、鉄道や港湾の復旧が1月まで長引いた。

だが第4・四半期の豪出荷は生産を200万トン上回ったという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up