for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー、ルネサスの鶴岡工場を70─80億円で買収へ=関係筋

1月28日、ソニーが、半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスの主力拠点、鶴岡工場(山形県鶴岡市)を買収する方針を固めたことがわかった。写真は2012年4月、都内で撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 28日 ロイター] - ソニー6758.Tが、半導体メーカーのルネサスエレクトロニクス6723.Tの主力拠点、鶴岡工場(山形県鶴岡市)を買収する方針を固めたことがわかった。29日にも発表する。

スマートフォンやデジタルカメラに搭載する半導体製品のCMOSイメージセンサの生産工場に転用する。

関係筋によると、ソニーは鶴岡工場を70─80億円で買収し、CMOSセンサーの生産設備に入れ替えるため、200─300億円の追加投資をする。850人の従業員の一部も引き継ぐ。

ルネサスは鶴岡工場を閉鎖することを一旦決めたが、CMOSセンサー増強の手段として同工場の買収に意欲を示したソニーが現れたことから、売却の方向に切り替えて交渉を続けていた。

現行、ソニーのCMOSセンサーは、長崎工場(長崎県諫早市)と熊本工場(熊本県菊陽町)で生産。今後もセンサーの需要拡大が見込めることから、数年以内に20%以上の生産能力を増強する計画で、鶴岡工場はその一環として買収する。主力の長崎工場の増強は、今後の市場動向を見極めながら別途、検討する。

(村井令二)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up