for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国が外資系企業に初のカジノ免許、外国人専用カジノ建設へ

[ソウル 18日 ロイター] -韓国の文化体育観光省は18日、外資系企業に初めてカジノ事業の予備免許を認可したと発表した。

永宗島にある仁川国際空港の近くにリゾート施設を建設し、中国人など富裕層の外国人を呼び込む。

予備免許の認可を受けたのは、華僑系財閥のリッポー0226.HKと米カジノ大手シーザーズ・エンターテインメントCZR.Oの合弁会社LOCZコリア。

韓国では、カジノ大手ゲンティン・シンガポールGENS.SIと中国の不動産デベロッパー藍鼎国際0582.HKも、済州島に22億ドル規模のカジノリゾートを開発する計画を発表しているが、まだ予備免許は認可されていない。

永宗島のリゾート施設には、第1期工事で2018年までに外国人専用カジノ1軒と少なくとも2軒のホテルを建設する予定。

両社が昨年12月に発表した声明によると、第1期工事の総工費は7467億ウォン(7億ドル)。リゾート施設全体の開発費は約2兆3000億ウォンで、9年かけて建設を進める。

LOCZコリアの広報担当はコメントを拒否した。

韓国には現在、外国人専用カジノが16軒ある。カジノを運営するパラダイス034230.KQの広報によると、同社のカジノ5軒では、顧客の約6割が中国人だが、昨年の年間収入は8割以上が中国人顧客によるものという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up