for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国主席が一党支配の正統性主張、「多党制は機能せず」

4月1日、中国の習近平国家主席が訪問中のベルギーで講演し、一党支配制度の正当性を主張したと新華社が伝えた。ブルッヘで講演する習主席。代表撮影(2014年 ロイター)

[上海 2日 ロイター] -中国の習近平国家主席は、中国は多党制を含め過去にさまざまな政治システムを試したが機能しなかったとして、一党支配制度の正当性を主張した。海外の政治・発展モデルの模倣は破滅的な結果を招く恐れがあると語った。

新華社が1日、訪問中のベルギーでの講演内容を報じた。

習主席は「立憲君主制、王政の復活、議院制、他党制、大統領制など検討し試したが、どれもうまくいかなかった」と述べた。中国の歴史的・社会的状況は独特で、他国の政治制度や発展モデルはまねできないと指摘し、「わが国にはなじまず、破滅的な結果を招く恐れすらある」との認識を示した。

習氏の国家主席就任に際しては、その庶民派スタイルと、改革派の副首相だった習仲勲氏を父にもつことから、政治改革への期待が高まった経緯がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up