for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NTTドコモがスマホ新料金体系を検討、音声定額制を導入へ

4月9日、NTTドコモが、スマートフォンの新たな料金体系を導入することが明らかになった。写真は同社のロゴ。都内で2012年5月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] -NTTドコモ9437.Tがスマートフォン(スマホ)の新たな料金体系を導入することが9日明らかになった。関係者によると、利用に制限を設けない音声定額サービスや、データ量を家族で分け合えるプランを国内で初めて導入する。実質値下げに踏み切ることで、「割高」との批判に対応するとともに、伸び悩んでいるスマホへの移行を促す。

新サービスは6月1日から始める予定。音声完全定額サービスは2700円程度で話し放題とするほか、データ量を家族で分け合えるプランは月10ギガバイトで1万円程度に設定する。家族4人なら1人あたり2.5ギガバイトで2500円程度となり、同社が提供している3ギガバイトコースの4700円よりも大幅に安くなる。

現在、ドコモ、KDDI9433.T、ソフトバンク9984.Tの大手3社はデータ量が7ギガバイトで速度制限がかかるサービスを5700円で提供しているが、7ギガバイトに達するのは全体の1割程度で、多くの利用者は1─2ギガバイトにとどまっている。メールやウェブサイトを閲覧する程度のユーザーにとっては事実上選択肢がなく、料金体系の多様化を求める声が上がっていた。

(志田義寧  編集:宮崎大)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up