for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝、連結子会社で架空取引 総額200億円

東芝は18日、連結子会社「東芝ITサービス」の一部で実在性に疑義のある取引が複数年にわたって行われていたことが分かったと発表した。写真は東芝が製造した回路基板。2012年7月撮影(2020年 ロイターYuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 東芝6502.Tは18日、連結子会社「東芝ITサービス」の一部で実在性に疑義のある取引が複数年にわたって行われていたことが分かったと発表した。連結決算で第3・四半期にデジタルソリューションセグメントで同取引の売上高を消去する。

社内調査で明らかになった。調査は継続中で、これまでのところ東芝ITサービスによる主体的な関与は認められないという。

2019年度第2・四半期累計期間での対象取引の売上高総額は約200億円という。

*写真を追加、見出しを差し替えました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up