Reuters logo
東芝、不正会計の利益水増しで58億円追加公表
2016年3月15日 / 10:16 / 2年前

東芝、不正会計の利益水増しで58億円追加公表

[東京 15日 ロイター] - 東芝(6502.T)は15日、昨年表面化した不正会計問題で新たに7件、計58億円の利益水増しが判明していたことを公表した。2015年度第2四半期から第3四半期にかけて損失計上したものの、対外的には公表していなかった。同社は「情報開示に意識が十分でなかった点があった」(広報担当者)と説明している。

 3月15日、東芝は昨年表面化した不正会計問題で新たに7件、計58億円の利益水増しが判明していたことを公表した。ベルリンで開かれたコンシューマーエレクトロニクスショーで2014年9月撮影(2016年 ロイター/Hannibal Hanschke)

昨年9月7日、通常から4カ月の大幅な遅れで14年度連結決算を発表した際、東芝は08年度から14年度までに税引き前利益で合計2248億円の水増しがあったと説明。今回、15年度中に損失計上した58億円分の追加によって、不正会計における同利益の水増し額は2306億円に増えた。

錦織弘信上席常務の報酬20%を3カ月間カットするなど関係者の処分を行うとしている。

同社はまた、不正会計問題の再発防止として、監査委員会の委員長を務める社外取締役の佐藤良二氏(公認会計士)が常勤監査委員に付くと発表した。4月1日付。監査委員会による調査機能の強化を図ることなどが狙い。

*写真のキャプションを修正しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below