November 6, 2018 / 4:46 AM / 7 days ago

東芝関連会社とキヤノン、IoTと画像技術で協業開始

 11月6日、東芝デジタルソリューションズとキヤノンは、全てをインターネットでつなぐIoTやイメージング技術を活用し、スマートファクトリー分野で協業を始めたと発表した。写真はキャノンのロゴ。東京で2013年10月に撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 6日 ロイター] - 東芝デジタルソリューションズとキヤノン(7751.T)は6日、全てをインターネットでつなぐIoTやイメージング技術を活用し、スマートファクトリー分野で協業を始めたと発表した。

東芝(6502.T)グループの東芝デジタルソリューションズは、IoTを活用し、製造工程における品質、生産性の向上を図るシステムを開発してきた。

一方、キヤノンは画像処理ソフトウエアや異常監視・録画ソフトウエアを使って生産現場の「見える化」をサポートしている。

今回の協業では、東芝デジタルソリューションズのIoTシステムで収集したデータに、画像処理で得た映像情報などを結びつける。生産現場の稼働状況をより精緻かつ効率的に把握することが可能になるという。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below