May 13, 2019 / 4:57 AM / 11 days ago

東芝、社外取締役7人から10人に増員 議長に三菱ケミ・小林会長

 5月13日、東芝は、定時株主総会(6月26日開催予定)に付議する取締役選任案を決定した。社外取締役を7人から10人に増員し、12人中10人を占めることになった。写真は2017年3月に千葉で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 東芝(6502.T)は13日、定時株主総会(6月26日開催予定)に付議する取締役選任案を決定した。社外取締役を7人から10人に増員し、12人中10人を占めることになった。

その中で三菱ケミカルホールディングス(4188.T)会長の小林喜光氏が取締役会議長に選任される予定。

車谷暢昭・会長兼CEO(最高経営責任者)、綱川智・社長兼COO(最高執行責任者)は、取締役に留まる。

10人の社外取締役の中で、外国人が4人となった。同社は、新取締役会の構成について「成長フェーズにふさわしい多様なスキルセットを有する取締役を確保するため、社外取締役を含めた取締役の構成を大幅に変更した」と説明している。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below