December 20, 2019 / 9:42 AM / 3 months ago

東芝D&S、HOYAにニューフレア株売却せず=東芝

 12月20日、東芝は、HOYAが実施しているニューフレアテクノロジーの公開買い付け(TOB)に、連結子会社の東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)が応募しないことを決議したと発表した。写真は都内で2017年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 東芝(6502.T)は20日、HOYA(7741.T)が実施しているニューフレアテクノロジー(6256.T)の公開買い付け(TOB)に、連結子会社の東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)が応募しないことを決議したと発表した。東芝D&Sがニューフレアの完全子会社に向けて実施しているTOBの成立を目指す方針に変わりはないとしている。

東芝は親子上場に伴う利益相反を防ぐための政府の指針を踏まえ、上場子会社であるニューフレアへのTOBを連結子会社の東芝D&Sを通じて実施している。これに対してHOYAが、東芝D&SのTOB価格を上回る条件でのTOBを表明、争奪戦の様相となっている。

東芝D&Sのニューフレアに対するTOB価格は1株1万1900円。HOYAのTOB価格は1万2900円。

東芝のTOB成立の下限は14.27%の取得。15.80%を保有する東芝機械(6104.T)から買い付けられれば成立する。ただ、東芝より高いTOB価格をHOYAが示したため、東芝機械としては東芝への売却を株主に説明しにくくなっている。東芝機械は、投資家の村上世彰氏に近い投資会社などが筆頭株主となっている。

一方、HOYAはニューフレア株の66.67%をTOBの下限とする方針。東芝グループでは東芝D&Sがニューフレアの52.40%を保有しており、東芝D&Sが売却に応じなければ、HOYAのTOBは成立しない。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below