for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝の役員は法的に協力義務を負う、調査に全面的に協力を=エフィッシモ

 エフィッシモ・キャピタル・マネジメントは18日、東芝の臨時株主総会で昨年の定時総会の運営の適正性について独立した調査を求める株主提案が可決されたことに関して、東芝の役員は法的に調査協力義務を負うと指摘、調査への協力を求めた。写真は、2017年6月に東芝本社で開催された記者会見場での様子。(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - エフィッシモ・キャピタル・マネジメントは18日、東芝の臨時株主総会で昨年の定時総会の運営の適正性について独立した調査を求める株主提案が可決されたことに関して、東芝の役員は法的に調査協力義務を負うと指摘、調査への協力を求めた。

エフィッシモは自らの株主提案が可決されたことは、監査委員会による調査ではその実態が明らかにされていないとの懸念を株主が抱いていたためだとの見方を示した。

その上で東芝経営陣は、株式会社の最高意思決定機関である株主総会において、独立した調査者により調査を行うべきということが決議されたという事実を尊重し、今後、不透明な状況を解消するための調査に全面的に協力することで、株主との信頼関係の再構築に努めていただきたいとコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up