August 26, 2016 / 2:32 AM / in 3 years

東芝、日本トラスティー信託が119億円の損害賠償請求 不適切会計

 8月26日、東芝は、法人株主である日本トラスティー・サービス信託銀行から、不適切会計で損害を被ったとして119億9261万円の損害賠償請求訴訟が提起されたと明らかにした。写真は2015年6月都内同本社で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] - 東芝(6502.T)は26日、法人株主である日本トラスティー・サービス信託銀行から、不適切会計で損害を被ったとして119億9261万円の損害賠償請求訴訟が提起されたと明らかにした。

日本トラスティー信託は、今回の請求額は賠償責任額215億9746万円の一部であり、今後の訴訟の進行を踏まえ、請求を拡張する方針という。

東芝によると、訴訟は9日に東京地方裁判所に提起され、25日に東芝に訴状が届いたという。

同社は「今後、合理的に見積もり可能な金額を引き当て計上する予定だが、現時点では未定」としている。業績予想の修正が必要な場合は速やかに公表するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below