December 21, 2018 / 10:16 AM / a month ago

インタビュー:リアル技術ベースにプラットフォーマー目指す=東芝CEO

 12月21日、東芝の車谷暢昭会長・最高経営責任者(CEO)は20日、ロイターのインタビューに応じ、これからはリアルの技術力を持っている企業が有利だとして、これをベースにプラットフォーマーを目指す考えを明らかにした。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - 東芝(6502.T)の車谷暢昭会長・最高経営責任者(CEO)は20日、ロイターのインタビューに応じ、これからはリアルの技術力を持っている企業が有利だとして、これをベースにプラットフォーマーを目指す考えを明らかにした。11月に発表した中期経営計画では、サイバー(仮想空間)技術とフィジカル(実社会)技術を融合させることで、収益拡大を目指す方針を掲げている。

車谷CEOは「1980年代はリアルの力で日本の企業が強かった。ここ20年くらいはサイバーになってしまったが、ここに来てまた次の時代が来た」と指摘。「いまサイバーで強い人たちはリアルのことは何も分からない」として、これから注力する精密医療や都市化・自動化システムなどの世界で「プラットフォーマーになりたい」と意欲を示した。

インターネットの時代になり「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとった略称)に代表されるプラットフォーマーの支配力が強まっているが、ここにきて規制当局の監視の目も厳しくなっている。車谷CEOはIT(情報技術)企業よりも、実際にモノづくりを行っている企業がサイバー技術を取り込んだ方が競争力があるとの見方を示し、「われわれはリアルサイドの技術力はものすごいある。今後、社会システムを作り上げる力のある会社のほうが有利だ」と強調した。

財務基盤を強化するために外部の出資を仰いだメモリー事業については「いまのバランスでいいのではないか」と述べ、現時点では約4割出資を変更する考えがないことを明らかにした。

志田義寧 山崎牧子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below