for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝の再建案、ベインやCVCなど4陣営が2次入札へ=関係者

東芝の経営再建策に応募したファンドのうち、米ベインキャピタルや英CVCキャピタル・パートナーズなど国内外の4陣営が2次入札に進んだことが分かった。写真は2021年6月、神奈川県川崎市で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 東芝の経営再建策に応募したファンドのうち、米ベインキャピタルや英CVCキャピタル・パートナーズなど国内外の4陣営が2次入札に進んだことが分かった。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

東芝は1次選考の通過者に資産査定の機会を提供し、法的拘束力のある提案の提出を求める。

2次に進んだ4陣営のうち、1つは日本の官民ファンドの産業革新投資機構と日本産業パートナーズの連合。米ベインキャピタル、英CVCのほか、カナダのブルックフィールドも1次を通過した。

東芝が5月末に締め切った経営再建策の募集には10件の1次提案があり、うち8件が非上場化に関する案、2件が上場を維持する案だった。ブルックフィールドは上場維持を前提とした資本提携案とみられる。

ベインとブルックフィールドはロイターの取材にコメントを控えた。CVC、産業革新投資機構、日本産業パートナーズのコメントは現時点で得られていない。東芝は、提案者の詳細や提案の詳細は公表できないとした。

非公開化案を提示した8社のうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していたことがロイターの取材で明らかになっていた。関係者によると、同社は2次入札に進めなかった。

2次に進まなかったファンドも、この後いずれかの陣営に加わる可能性がある。

東芝は19日に取締役会を開き、2次入札に進む候補を複数選定した。ファンド名を明らかにしない形で、非公開化に関する提案と上場維持前提の資本業務提携に関する提案が含まれていると発表していた。

(山崎牧子 取材協力:久保信博 編集:石田仁志)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up