for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝、空調事業の売却完了 円安で譲渡益800億円に増加

東芝は1日、空調事業を手掛ける東芝キヤリアの売却が完了し、2022年7─9月期以降に800億円を営業外収益として計上すると発表した。写真は、同社のロゴ。2022年6月24日に川崎市内で撮影。(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - 東芝は1日、空調事業を手掛ける東芝キヤリアの売却が完了し、2022年7─9月期以降に800億円を営業外収益として計上すると発表した。足元のドル高/円安を受け、売却額が当初見込みの1000億円から1200億円に、売却益が600億円から800億円に膨らんだ。

株式55%を米キヤリアの100%子会社に譲渡。東芝は引き続き5%を保有し続けるが、連結対象からは外れる。

東芝は今年2月に東芝キヤリアの売却を決定。5月の時点で600億円の売却益を想定し、2023年3月期の業績予想に織り込んでいた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up