for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても収益確保へ

 東芝は29日、システムLSI事業から撤退すると発表した。写真は同社の半導体チップ、資料写真、2008年1月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - 東芝は29日、システムLSI事業から撤退すると発表した。半導体事業の選択と集中を進め、米中貿易摩擦などで不透明な事業環境が続いても、安定的に収益を確保できる体制を整えるという。

2021年度に150億円以上の固定費削減効果を見込む。

先端システムLSIの新規開発から撤退する。画像認識プロセッサーなど既存製品の販売・サポートは継続する。一方、アナログICとマイコンは、モーター制御用の新規開発や販売・サポートを継続し、リソースを集中する。

人員再配置と早期退職優遇制度を通じ、770人を対象に人員の適正化を図る。20年度に約118億円の費用が発生するが、業績予測に織り込み済みとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up