June 27, 2018 / 4:28 AM / 20 days ago

余剰資本を見極めつつ追加措置を検討=株主還元で車谷・東芝会長

[千葉市 27日 ロイター] - 東芝(6502.T)の車谷暢昭会長・最高経営責任者(CEO)は27日の株主総会で、今後の株主還元策について「余剰資本の発生状況を見極めつつ、追加的な措置を検討していく」との方針をあらためて示した。

 6月27日、東芝の車谷暢昭会長・最高経営責任者(CEO、写真)は株主総会で、今後の株主還元策について「余剰資本の発生状況を見極めつつ、追加的な措置を検討していく」との方針をあらためて示した。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

東芝はメモリー事業の売却が完了したことを受け、13日に7000億円程度の自己株取得方針を発表。昨年12月に実施した6000億円の第三者当増資では「物言う株主」として知られる投資ファンドが割当先に名を連ねており、株主還元に対するプレッシャーがかかりやすい状況にある。

車谷会長は「自己株取得を可能な限り早く行う方針を発表したが、合わせて安定的な配当実施のあり方についても検討していく」と語った。

ただ、市場では物う株主への配慮よりも成長投資に回すべきとの意見もある。

東芝は現在、今後5年間の経営計画「ネクストプラン」を策定中で、年内をめどに公表する予定。車谷会長は「基礎収益力の強化、事業部ごとの選択と集中、リカーリングの3本柱で全体の収益性を高めていく」と再建に意欲を示した。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below