December 27, 2016 / 7:25 AM / 3 years ago

東芝、米買収に伴う数千億円規模の減損計上リスクを正式発表

 12月27日、東芝は、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を計上する可能性があると発表した。写真は都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 27日 ロイター] - 東芝(6502.T)は27日、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した米原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を出す可能性があると発表した。影響額が確定次第、投資家に知らせるとしている。同社の綱川智社長らが午後6時から本社で記者会見する。

東芝の発表によると、S&W買収のWHへのコスト影響を精査したところ、コストの大幅な増加により資産価値が当初想定を大幅に下回り、必要となるのれんの計上額が従来想定の8700万ドル(現在の為替レートで約101億円)を越え、現時点で数千億円規模に膨らむ可能性が出てきたとしている。

今後、同のれんについて、東芝連結とWHで減損テストを実施するが、その一部か全額を減損する可能性があり、東芝とWHが損失計上する可能性があると説明している。

減損の可能性が生じたとする数千億円の具体的な水準について同社広報担当者は「説明できない」としている。

*カテゴリーを追加しました。

浜田健太郎 編集:吉瀬邦彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below