for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キヤノン、東芝メディカルシステムズ買収巡りEUが罰金2800万ユーロ

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は27日、キヤノン7751.Tが東芝メディカルシステムズ買収でEUの買収関連規則に違反したとして、2800万ユーロ(3180万ドル)の罰金を科すと発表した。

欧州委は、キヤノンによる東芝メディカルシステムズ買収を2016年9月に無条件で承認した。しかし17年7月に、キヤノンが「ウェアハウジング」と呼ばれる中間買収者を介した2段階の方式を利用して、欧州委の承認を得る前に買収を実施したことが、EUの関連規則違反にあたると指摘していた。

当時、東芝6502.Tは会計不祥事に見舞われ、現金を必要としていた。特殊な方式を採用したことにより、東芝は医療機器事業の売却益を年度末までに計上することができた。

欧州委のベステアー委員(競争政策担当)は声明で「われわれの買収案件の評価と決定は、当該企業が欧州委の承認を得ずに買収に踏み切ってしまうことがないという確信を基としている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up