October 1, 2019 / 12:15 AM / in 20 days

仏トタル、アナダルコのモザンビークLNG事業の取得完了 三井物産出資

 9月30日、フランスの石油・ガス大手トタルは、米エネルギー大手アナダルコ・ペトロリアムが主導するモザンビーク液化天然ガス(LNG)事業の権益26.5%の取得を完了したと発表した。写真は2月7日、南アフリカのケープタウンで撮影(2019年 ロイター/Mike Hutchings)

[パリ 30日 ロイター] - フランスの石油・ガス大手トタル(TOTF.PA)は30日、米エネルギー大手アナダルコ・ペトロリアム(APC.N)が主導するモザンビーク液化天然ガス(LNG)事業の権益26.5%の取得を完了したと発表した。取得額は39億ドル。債務問題を抱えるモザンビークの収入増加につながるとみられる。

トタルのプヤンネ最高経営責任者(CEO)は声明で「モザンビークLNG事業は当社の戦略に完全に合致する。LNG分野でのわれわれのポジションを拡大する」との見解を示した。

アナダルコは米エネルギー大手オクシデンタル・ペトロリアム(OXY.N)に買収される。これまでアナダルコがモザンビークLNG事業のオペレーターだったが、オクシデンタルへの身売りの一環として、トタルがアナダルコのアフリカ事業を88億ドルで買収。この結果、モザンビーク事業のオペレーターはトタルに取って代わる。

今回の取引により、モザンビークLNG事業の権益配分は、トタルが26.5%、モザンビーク国営石油会社(ENH)が15%、三井物産の三井E&Pモザンビーク・エリア1が20%。ONGCビデシュ、ビース・ロブマ・エネルギー・モザンビーク、BPRLベンチャーズ・モザンビーク社が各10%、国営タイ石油会社(PTT)の資源開発子会社PTTEPモザンビーク・エリア1が8.5%となる。

モザンビークLNG事業は2024年までに生産を開始する予定。

モザンビーク紙によると、同国政府はオクシデンタルによるアナダルコの買収で、8億8000万ドルのキャピタルゲイン課税を目指している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below