July 30, 2020 / 9:57 AM / 5 days ago

仏トタル、第2四半期は96%減益 配当は据え置き

[パリ 30日 ロイター] - フランスの石油大手トタル(TOTF.PA)が発表した第2・四半期決算は、純利益が96%減の1億2600万ドルとなった。市場予想は上回った。同社は配当を据え置く方針を示した。

 7月30日、フランスの石油大手トタルが発表した第2・四半期決算は、純利益が96%減の1億2600万ドルとなった。市場予想は上回った。写真は4月22日、リュエイ=マルメゾンで撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

大手石油会社は、新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)と燃料需要の激減で大きな打撃を受けているが、一部の企業ではトレーディング部門が市場のボラティリティーで利益を上げている。

リフィニティブがまとめた市場予想は5億2000万ドル前後の赤字だった。

トタルは、営業キャッシュフローが44%減の34億7000万ドルとなったと表明。調整後の純損益は黒字で、負債の管理はできているという。

パトリック・プヤンネ会長兼最高経営責任者(CEO)は、手元資金や支出削減を通じて、配当を1株0.66ユーロに据え置くことが可能だと表明。北海ブレントLCOc1が1バレル=40ドルで推移すれば、この配当水準を維持できると述べた。

同CEOは「特にトレーディング業務が好調だった。当社の統合モデルの重要性が改めて示された」と述べた。

ただ同社は「新型コロナ後の世界経済の回復規模・ペースは不透明で、原油を取り巻く不安定な環境が続いている」とも表明した。

同社の第2・四半期の石油・ガス生産は4%減の日量285万石油換算バレル。

通年の生産予想を日量295万ー300万石油換算バレルから日量290万ー295万石油換算バレル前後に下方修正した。

2020年の設備投資計画は150億ドルから140億ドルに引き下げた。

30日のトタル株は0.8%安で取引を開始。0714GMT(日本時間午後4時14分)現在、横ばいで推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below