June 18, 2019 / 3:44 AM / 3 months ago

サッカー=トッティ氏がローマ退団、「死んだ方がまし」

 サッカーのイタリア・セリエA、ローマの元主将でクラブの最多得点記録を持つフランチェスコ・トッティ氏が同クラブを退団した。これまでディレクターを務めていた(2019年 ロイター/Remo Casilli)

[ローマ 17日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ローマの元主将でクラブの最多得点記録を持つフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、同クラブを退団した。これまでディレクターを務めていた。

トッティ氏はディレクターを務めた2年間、戦略的な判断を下す際に除外され続けてきたため、退団するしかなかったと、記者会見で説明した。また、ジェームズ・パロッタ会長が退いたらクラブに復帰したいとも述べた。

トッティ氏は退団について、「自分のせいではない。今日はまるで死んだような気分。死んだほうがましだった」と無念さをにじませた。

同氏はローマ生まれで、現役時代もローマ一筋。786試合でクラブ最多307得点を記録した。2006年ワールドカップ(W杯)ではイタリアの優勝に貢献。2017年に現役を引退した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below