January 29, 2020 / 7:07 AM / a month ago

トヨタ、2月9日まで中国工場の稼働停止 新型肺炎拡大で

 1月29日、トヨタ自動車は、中国の工場について、2月9日まで稼働させないと明らかにした。写真はスイスのジュネーブで昨年5月撮影(2020年 ロイター/PIERRE ALBOUY)

[東京 29日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)は29日、中国にあるすべての工場の稼働を2月9日まで停止すると明らかにした。10日以降については状況をみながら判断する。

稼働を停止するのは、合弁工場である広汽トヨタなど4つの車両組み立て工場と8つの部品工場の計12工場。組み立て工場では当初、3日か4日から再開する予定だった。

新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大しているため、一部の地域では企業に2月9日より前に業務を再開しないよう指示が出ている。[nL4N29V0DI]

中国に駐在している日本人社員については、今のところ引き上げなどの対応は予定していない。ただ、春節(旧正月)の連休などで帰国する場合、「帰国日を含む最低10日間の自宅待機や在宅勤務のほか、健康チェックも受けるようお願いしている」(広報担当者)といい、駐在員の家族に関しては一時帰国を推奨している。

トヨタの社員は新型コロナウイルスの発生した中国・武漢には駐在しておらず、出張者もいなかった。

同社はまた、中国赤十字社に対し、マスク・防護服などの医療用品の購入費用として1000万元を寄付することを表明した。

*内容を追加しました。

田実直美、白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below