May 21, 2015 / 4:12 AM / 4 years ago

衆院が布野氏の日銀審議委員起用を可決、参院も同意見通し

 5月21日、衆院は午後の本会議で、日銀審議委員にトヨタ自動車相談役(元副社長)の布野幸利氏を起用する政府の同意人事案を与党などの賛成多数で可決した。2011年6月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 衆院は21日午後の本会議で、日銀審議委員にトヨタ自動車相談役(元副社長)の布野幸利氏を起用する政府の同意人事案を与党などの賛成多数で可決した。22日に予定されている参院本会議でも同意を得られる見通しで、内閣の任命を経て就任する。

布野氏は6月30日に任期を迎える森本宜久委員の後任。現行日銀法下で初の消費財メーカー出身の政策委員となる。

トヨタでは米国トヨタ自動車販売社長や米州本部本部長を歴任するなど海外経済に精通しており、政策委員会の議論では布野氏の海外経済に対する知見にも期待が寄せられそうだ。

日銀審議委員は、日銀の最高意思決定機関である政策委員会のメンバーで、同委員会は総裁1人、副総裁2人、審議委員6人の計9人で構成。月に1─2回、定例開催している金融政策決定会合では当面の金融政策運営の方針などを決めている。

●布野 幸利(ふの・ゆきとし)氏

1947年生まれ。69年神戸大経営卒、70年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社、2000年6月トヨタ自動車取締役 、03年6月同常務役員、05年6月同専務取締役、09年6月同取締役副社長、13年6月同相談役。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below