May 12, 2020 / 10:23 AM / 25 days ago

HVシステム外販、24―25年に50万台の契約受注=トヨタ執行役員

5月12日、トヨタ自動車の寺師茂樹執行役員は、2020年3月期のオンライン決算会見で、19年から始めたハイブリッド車(HV)向けシステム外販の契約について、「24年から25年にかけて50万台くらいの話がある」と明らかにした。写真はトヨタのロゴ。東京モーターショーで2019年10月撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[東京 12日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)の寺師茂樹執行役員は12日、2020年3月期のオンライン決算会見で、19年から始めたハイブリッド車(HV)向けシステム外販の契約について、「24年から25年にかけて50万台くらいの話がある」と明らかにした。

同社は昨年から、HVで培った電動化技術の特許の無償開放を呼び水にHVシステム外販と技術支援を開始。HVの基幹部品・技術は電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)にも活用が可能で、量産によるコスト削減や投資抑制、電動化技術の「デファクトスタンダード(事実上の標準)」を狙っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below