for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタが水素エンジン車開発へ、レース参戦 量産化目指す

 4月22日、トヨタ自動車は、走行時に二酸化炭素(CO2)を出さない水素エンジンの技術開発に取り組むと発表した。写真は同社のロゴ。上海での自動車ショーで19日撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車は22日、走行時に二酸化炭素(CO2)を出さない水素エンジンの技術開発に取り組むと発表した。まずは水素エンジンを搭載した競技車両で自動車レースに参戦、データを収集し課題を洗い出す。脱炭素社会に向け、将来的には電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)に続くエコカーとして量産化を目指す。

トヨタのFCV「MIRAI(ミライ)」に使用している燃料電池は、水素を空気中の酸素と化学反応させ発電、モーターを駆動させる。

一方、新たに手掛ける水素エンジンは、ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させることで動力を発生させる。ガソリンの代わりに水素が燃料となる。

基本的な仕組みが同じガソリン車用の部品は活用できるが、水素は燃焼効率がよく、早く燃えて高温になるため、改良は必要になるという。

同社は「カローラスポーツ」をベースにした水素エンジン搭載車で、5月に富士スピードウェイ(静岡県小山町)で行われる24時間耐久レースに参戦する。モータースポーツの厳しい環境で水素エンジンを試す。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up