November 30, 2018 / 10:34 AM / 12 days ago

トヨタが来年から常務職廃止、執行役員6割減 年齢問わず適材配置

[東京 30日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)は30日、2019年1月から人事制度を刷新すると発表した。専務役員以上を役員とし、専務役員を「執行役員」という名称に変更。常務役員と技術系で役員待遇の常務理事の役職を廃止し、基幹職1級・2級、技範級を含め、新設する「幹部職」に統合する。

現在の執行役員は社長、副社長、フェロー、専務役員、常務役員で構成される計55人だが、来年から計23人となり、約6割減少する。

役職の階層を減らして経営のスピードを速めるほか、若手・ベテランを問わず、幅広い人材を事業の本部長や社内カンパニーの要職、工場長など幅広いポストに適材適所で配置しやすいようにする。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below