for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ、7月の世界生産80万台に引き下げ 通期見込みは変更なし

  6月22日、トヨタ自動車は7月の世界生産が80万台程度になると見込んでいると発表した。写真は上海自動車ショーのトヨタのブースで2021年4月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車は22日、7月の世界生産が80万台程度になると見込んでいると発表した。年初に仕入先に伝えた計画台数から約5万台減らした。世界生産計画は7─9月の月平均で85万台程度とし、通期では従来の約970万台を据え置いた。

7月の世界生産約80万台のうち、国内が約25万台、海外が約55万台を見込む。

同社は併せて、国内2工場4ラインで7月の稼働停止日を追加することも発表した。一部の仕入先で新型コロナウイルス感染者が発生し、出勤率の低下の影響が続いているため。

7月の稼働停止日を追加するのは、元町工場(愛知県豊田市)と高岡工場(同)で、それぞれ10日間延長する。元町では小型車「GRヤリス」など、高岡ではスポーツ多目的車(SUV)「RAV4」などを生産している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up